20代後半のアラサー女性におすすめのファッション通販サイト

個人的な印象では30代女性は30代前半も後半もそれほどファッションの好みに違いが無いと感じるのですが、20代の場合には前半と後半で結構違ってくると思います。
やはり20代前半はまだ学生の人が多いというのが関係してくるのだと思います。
そして20代後半だと社会人として働いている人か主婦(ママ)として生活している人が多いと思います。

20代前半から中盤まであまりファッションに変化が無かった人も、20代後半になると30歳という年齢を意識して大人っぽいファッションに挑戦しようと考え始める人もいることでしょう。
しかし「大人っぽいアラサーファッション」と言葉で言ってもなかなかイメージしにくいのではないでしょうか。
そんな時に頼りになるのがネットの通販サイトです。
最近の人気ファッション通販サイトは、サイト内で販売商品を使ったコーディネート例が豊富に提案されていることが多いので、それを参考にするのがおすすめです。

20代後半向けの具体的なおすすめ通販ショップとしては、ソウルベリー、ピエロ、ティティベイトあたりの通販ショップがおすすめです。
20代~40代くらいがメイン年代の格安ファッションアイテムが買えて、大人っぽいおしゃれなコーデ例も豊富に掲載されています。
これらのショップは下記サイトで詳しく解説されています。
>>20代後半 レディースファッション 通販

せっかくなのでここでも少し解説すると、ソウルベリーはリラックススタイルのカジュアルなナチュラル系の服が中心のショップです。
ピエロはユニクロとか無印良品に通じるようなシンプルで無難なデザインの商品が多いショップです。
ティティベイトはモード系にカジュアルガーリー感を少し足した感じの都会的なファッションを提案しているショップです。
三つとも大人向けショップなのに値段は安めなので、とても買いやすいと思います。

小さめカラコン(カラコンの着色直径について)

よくカラコンで14mmとか14.5mmという数字を見かけますが、これはカラコンのレンズサイズの直径のことです。
レンズサイズとは別に着色直径という言葉があります。
これはカラコンのレンズの色がついている部分のことです。
一般的にレンズサイズが14mmのカラコンよりも14.5mmのカラコンの方が着色直径も大きくなります。
しかしレンズサイズ14mmのカラコンの着色直径には商品によってかなり差があります。
小さめのカラコンを探す場合にはこのレンズサイズ14mmのカラコンから探すことが多くなると思います。

フォーリンアイズというカラコンメーカーにはミニカラコンのシリーズがあるのですが、このミニカラコンのレンズサイズはフォーリンアイズのレギュラーサイズのカラコンと同じ14mmです。
それでは着色直径はどうかというと、レギュラーサイズが13.2mm、ミニサイズが12.2mmという具合にかなりの差があります。
「カラコンを付けると宇宙人みたいになるので小さめカラコンを探している」という人は、この着色直径に注目して小さめカラコンを探してみてください。

小さめカラコンを探している人の多くが既にカラコンを使ったことがある人だと思うので、まずは自分が使ったカラコンの着色直径を確認してください。
わからなければネットで「カラコンの商品名 着色直径」というキーワードで検索すれば出てくると思います。
自分が使っているカラコンの着色直径がわかったら、今度はそのカラコンからどのくらい小さいサイズにするかを考えます。
着色直径が小さすぎると、今度はカラコンを付けたときに自分の瞳の方がカラコンの着色部分からはみ出してしまいます。
でも、それはそれでそこまでおかしいとは思いませんけど・・・
とはいえ、今の自分の瞳をほんの少しだけ大きく見せたいという場合にはそれだと困ってしまいますね。
だからいきなり大幅にサイズを落とすよりも少しずつ0.1mmとか0.2mmづつサイズを落としてみてベストな着色直径を見つけるのがいいのではないでしょうか。

着色直径ごとにカラコンを探す場合にはモアコンタクトというカラコン通販サイトが便利です。
詳しくは参考サイトで確認してください▼
参考サイト:カラコン小さめ

カラコンはワンデーがおすすめ~1年使用タイプが無くなった理由

カラコンでワンデーの度ありというのはカラコンの中でもかなり需要があるのではないでしょうか。
やはりケアの手間いらずで必要な時にだけ使える、というのは一度使うとハマりますね。
毎回新品を使えるというのも衛生的です。
「普段は全くカラコンを使わないけどハロウィンのコスプレで赤カラコンを使う」なんて場合にもワンデーがあると便利ですね。
まだ自由に使えるお金が少ない学生の人などは少しでもお金を節約するために1ヶ月タイプの方がいいという人もいるかもしれませんが、頻繁につけない場合にはワンデーの方が安く済むことだってあります。

昔は1年使用タイプのカラコンというのもあって、それでお金を節約していた人もいたと思いますが今はもう1年使用タイプというのは実店舗では販売されていません。
昔は雑貨という扱いだったカラコンが、何年か前から高度管理医療機器と呼ばれる医療器具としての扱いに変わったため、安全面に関する部分が見直されて1年使用タイプが無くなったのだと思います。

今でも一部の通販サイトでは1年使用タイプのカラコンの販売がされていますが、それは韓国からの直輸入などの方法で海外から直接取り寄せるカラコンのはずです。
そういったカラコンは日本国内での行政からの承認を受けていないカラコンなので安全面での不安が残ります。
ワンデーと1ヶ月でもかなりの差があるのに1ヶ月と1年では相当な差です。
私も昔は長期使用のコンタクトレンズを使っていたことがありますが、使用後にきちんと洗浄していても日を重ねるごとに劣化というか、付け心地が悪くなっていたと記憶しています(相当昔のことなので記憶が定かではありませんが・・・)

カラコン初心者の人には特にワンデータイプがおすすめです。
初心者だと自分に合ったカラコンの着色直径や含水率などもまだわからないので、いろいろなカラコンを試してみたほうがいいです。
ワンデーだったら1箱10枚入り=両目で5日分なのでいろいろなカラコンを試しやすいです。
それでお気に入りが見つかったら1箱30枚入りを買ってみるというのがおすすめです。

最初に買いたように「カラコンは毎日使う!でもワンデーだとお金が・・・」という人は1か月タイプでもいいかもしれません。
カラコンはたまにしか使わない、毎日使うけどお金に余裕があるという人なら毎日新品が使えるワンデーがおすすめです。

関連サイトリンク

最初のサンプル記事 keys to the…

 水島はそう言って又私の顔を覗くようにして笑った。
 然し私はまだそれが信じられなかった、息を止めてその快感を味う! 私はそれがとてつもない大嘘のように思われたり、本当かも知れないという気もした、その上十五分以上も息を止めて平気だというのだから――
 水島は私の信じられないような様子を見てか、子供にでもいうように、
『君は嘘だと思うんだね、そりゃ誰だってすぐには信じられないだろうさ。嘘か本当か今実験して見様じゃないか』
 私はぼんやりしていたが水島はそんなことにお構いなく、
『さあ、時計でも見てくれ給え』

 それから、瞬きも忘れて見入っていると、また船室から一人が現われた、こんどは男だった。しかし矢張り日本人である。さっき圭さんが、外人の船だろうと、いったのは、どうやら出まかせらしかった。
(どんな男か……?)
 ピントをそちらに向けた中野は、こんどこそ
「あっ……」
 と驚きを洩らしてしまったのだ。
「なんだい中野さん……」
 圭さんにも聞えたと見えて、間伸びのした声をかけて来た。
「うん、いや、何んでもないさ」
 中野は、まるで望遠鏡にぶらさがるような恰好をして見入ったまま、口先きだけの返事をした。
 しかしその実、彼の眼はレンズに喰い入るように押つけられていたのである。

 彼はよくそう思うのであった。けれど夢の中で饒舌であるように、現実では饒舌ではなかった。女の人に対しても口では下手なので、手紙をよく書いた。けれど矢っ張り妙な恥かしさから、彼の書いた手紙には、裏の裏にやっと遣る瀬なさを密めたが、忙しい世の中では表てだけ読んで、ぽんと丸められて仕舞った。
 又女の人と一緒に歩いても、前の日に一生懸命考えた華やかな会話は毛程も使われなかった。そして、彼はただ頷くだけの自分を発見して淋しかった。然しその時は、ただ一緒に歩くだけで充分幸福であるのだが、あとで独りになると、チェッと舌打するのである。